女の人

ストレスによって起きる症状を理解しよう|隠された問題

気分転換で精神的な安定を

スーツの男の人

誰もが抱える悩み

生活するうえで、何らかのストレスは誰もが抱えているといえます。適度なストレスは、緊張感や張り合いをもたらします。しかし、大きなストレスが慢性的に継続すると、心身に不調をきたすので注意が必要です。心身は、過度なストレスを感じると、防衛反応を起こします。それが、病的な症状となって現れるとストレス症状となります。身体と心は密接な関係で結ばれているので、身体と精神のどちらかのバランスが崩れると、双方に影響を及ぼします。ストレスが原因による具体的な心身症状は、めまいやだるさ、不眠や吐き気などです。これらの症状は、自律神経の乱れによって生じます。人間の身体は、正常なホルモン分泌で心身の均衡を保っています。ゆえに、ストレスによるホルモンバランスの乱れは、あらゆる不調の根源になります。また、吐き気は、出社時や人に合う時など特定の行為の前に発症します。これは、精神的にきつい場面から回避するための自然な防衛反応といえます。腹痛も同様のメカニズムで起こります。ストレスの症状には、イライラ感や焦燥感も該当します。本人は自覚していませんが、気持ちがとげとげしくなったり、気持ちだけが先走ってしまう症状です。そのため、周囲の人は付き合いづらさを感じることがあります。

気分転換が大切

ストレスを軽減するには、気分転換となるような方法を見つけることです。ストレスは、特定の物事が頭から常に離れないことが原因で発症します。しかし、少しでも他のことを考える時間を持てば、心身の負担を減らせます。ストレス解消になる気分転換として、適度な運動や趣味を持つことが挙げられます。身体を動かせば、血行が良くなって汗をかきます。血液の循環が良くなると、老廃物が浄化されて全身の疲れがとれます。そのうえ、発汗にはストレスや不安を発散する作用があります。また、趣味に興じて、その事象に集中する時間も良い気分転換になります。好きな趣味に打ちこんで楽しい気持ちになれば、心が休まります。すると、自然にポジティブな気持ちに変化していきます。プライベートな時間が少なくても、できる範囲で「好きなこと」に向き合う姿勢が大切です。このように、ストレス解消のためには、自分の心や気持ちとうまく付き合って、心身のバランスを保つ必要があります。どうしても、ストレスによるうつ状態から抜け出せない場合は、心療内科の受診がおすすめです。心療内科では、患者の内なる気持ちを吐き出させて、精神面のケアをします。それによって、元の自分を取り戻すことができます。

原因不明の不調がある人へ

男の人

ストレスによって様々な症状を抱えている人は多いものです。特に自律神経失調症などは、めまいから発熱まで症状は多岐にわたります。またストレスは依存症も引き起こします。しかし、薬を飲んでも症状が治まらない、あるいはひどくなる場合は、ストレスが原因でない可能性がありますので、早めに検査を受けましょう。

More Detail

社会問題にもなっている

カウンセリング

社会的問題にもなっているストレスは、人間社会で生きる上で乳児のころから付き合っています。しかし過度な負荷が要因で身体的や精神的に病気の症状が出る場合が多くなっているのです。ストレスと上手に付き合うとともに、心療内科などでのメンタルケアが重要となってきます。

More Detail

ストレスは常に存在する

看護師

ストレスは現代社会では切っても切り離せない存在です。ストレスにも大小あります。小さなものは日常的に抱えており解決も早く、適度な緊張感を持つためにも好影響を与えています。しかし過度のものは病気などの症状を併発するなど悪影響を及ぼします。

More Detail

精神科や心療内科の受診

レディー

ストレスを感じると人間の体はさまざまなサインを出します。肌荒れやかゆみが起こったりイライラしたり気持ちが不安定になるといった症状があらわれます。一人の時間を楽しんだりストレスの原因から離れることで、心のバランスを保つことができます。精神科や心療内科では、精神的な症状を治療することができます。

More Detail