ウーマン

ストレスによって起きる症状を理解しよう|隠された問題

社会問題にもなっている

カウンセリング

すべての人間が経験

人間はストレスとともに生きていると言っても過言ではありません。人間がストレスが全く無い状態で一生涯生活することは難しいことです。自然の中でイレギュラーをと向き合いながら生活しているのですが、自然とイレギュラーとのギャップを感じるとストレスになります。軽度なストレスは体に緊張感を与えて対応力を高めるため、次に同じような状況を経験してもさっと適応できるという順応能力を備えていきます。しかし過度なストレスが与えられる状況が継続すると、精神的や肉体的に悪影響を及ぼします。ストレスには、自然的に発散できるものやそうでないものがあります。ストレスを上手に発散させることが生きていく上で大事なのです。ストレスの主な要因は生活環境ですが、年齢を重ねると人間関係や時間などの影響も受けるようになります。子供はストレスがないとよく言われますが、乳児の段階からすでにストレスを感じながら生きており、また受験勉強など思春期のストレスも問題視されています。社会に出るための準備段階として、適度なストレスを与えることは大事なことですが、過度な状況にならないように見守ってケアしてあげることが大事になります。昨今では過度のストレスが呼び起こす悪影響で、うつ病や自殺などが発生しており、大きな社会問題にもなっているからです。未成年の精神的ストレスを軽減するため、最近では心理カウンセラーを置いている学校も増えており、メンタルケアを出来る環境は整いつつあると言えるでしょう。

過度は悪影響を及ぼす

ストレスが一番かかるのが社会人であり、会社や家庭環境などさまざまなところでストレスを向き合うことになります。しかし上手に発散できる仕組みを自分で構築することができるのであれば、日常生活に支障をきたすことはありません。しかし会社の環境や家庭の環境が過去とは異なり、一人にかかる負荷は確実に増加しています。そのためこの負荷を乗り越えることができない、問題について相談する人がいないなどの要因から、ストレスから過多となり、病気の症状が出る場合があります。症状は体の様々な部分に出ますが、身体的な症状だけでなく精神的な症状が出る場合もあります。疲れや、痛みなどは身体的症状です。要因が精神的な負荷であるため、症状を改善しても完治したことにはなりません。再発したり治らなかったりする場合には、外科や内科だけでなく心療内科など根源を治療する心のケアも必要になる場合があります。精神的な症状はうつ病など社会問題にもなっています。やはりここでも心療内科などの相談する相手が重要になります。うつ病などは他の人には理解しがたい病気であり、気づきにくく自覚症状も決まっていないため、発見が遅くなることが多いのです。このような病気は早期発見早期治療が一番であるため、周囲の目配りが必須となってきます。心療内科などでメンタル検査を定期的に受けるように心がけると、メンタル面のストレスに早く気がつけるので良いでしょう。