ウーマン

ストレスによって起きる症状を理解しよう|隠された問題

精神科や心療内科の受診

レディー

一人の時間を作る

人間はストレスを感じると、体のさまざまな部分に変化が起こります。肌があれてしまったり身体にかゆみが起こるといった外面に変化が起こったり、イライラしたり気持ちが塞ぎ込んでしまうといった内面的な症状があらわれる人もいます。仕事をしていると上下関係やトラブル対応などでストレスを感じる場面も少なからずあるでしょう。仕事上でのストレスを感じやすいのはとくに男性の中間管理職に多いと考えられています。人と人との間に入ることで板挟みになり心が負担に感じてしまう場合があります。女性の場合では、子育てに関する悩みを相談する相手が不在で社会から孤立してしまうことで、気持ちが塞ぎ込んでしまうケースが見られます。男性女性ともに、心療内科を受診する人が増加しています。ストレスによる肌あれやイライラ、うつ病などを予防するためには、一人の時間を確保して好きなことを楽しむ時間が大切にすると良いでしょう。子育てをしている女性の場合、なかなか一人の時間を作るというのは難しいものですが、周囲の家族が協力して少しの時間でもリフレッシュ出来るようにサポートすることが必要です。うつ病などの症状があらわれると、完治するまで時間がかかる可能性がありますので、できるだけ病気に発展しないように、ストレスを感じる時間を減らしたり自分の時間を作るなどの工夫が大切です。

クリニック選び

ストレスが蓄積されてうつ病やさまざまな症状があらわれた時には、精神科や心療内科で診てもらうことで心の負担が軽減される可能性があります。精神科や心療内科では、うつ病・摂食障害・発達障害・チック症などの精神的な疾患の治療や改善をおこないます。症状が起こっている原因を探りながら、投薬治療やカウンセリングで治療をおこなうのが一般的です。うつ病の場合、十分な休息をとること、そしてストレスの原因となる環境や事柄を排除することが有効であると考えられています。早く元気な状態になって職場に復帰したいと気持ちが焦る人も多くいますが、再発を防ぐためにもしっかりと治療をおこなう必要があるのです。精神科や心療内科などのクリニックについて知りたい場合は、インターネットで検索すると院内の雰囲気や診察内容について事前に情報収集できるでしょう。実際に通院したことがある人の口コミを参考にクリニック選びをする人も増えています。院内の雰囲気・診察・料金・治療方法などをまとめたサイトもあるため参考になります。子どもの症状を中心に診てくれる児童精神科もあり、発達障害やチック症などの幼児期から見られる症状の相談や治療をするのも可能となっているのです。